2008年12月07日

チャイルドセラピー心理学講座のご感想(2)

先日、行われました「チャイルドセラピー心理学」
講座でいただいたご感想です。

「しつけ」の問題について、改めて考えさせられました。
自分が母親になったときに必ず悩む問題だと思いますので…。
また、ほめることの重要性と難しさについても印象に残りました。
オーラソーマのコンサルテーション(リーディング)で
「いかに相手(クライアント)のポジティブな面を
認めてもらうか?」ということを考えさせられたので…。
なお、余談ですが、個人的に早期教育の話も興味深くうかがえました。


「親」として上から目線で子どもに接していることが多かった。
自分もかつては同じ子どもだったんだということを思い出して
一緒に成長している発展途上の人間として、子どもに寄り添いたい。


ラベルについて
ついつい忙しく子どもに「いつも用意が遅い!」
「○○は○○じゃね。」と言ってしまいました。
今日から少しずつ温か〜いお湯(心)をかけて
はがしていきたいです。


ほめられた経験のない人がこどもをほめることは難しい、ということ。
自分を好きになることの大切さをますます実感しました。
恩送り、「ペイフォワード」という映画を見てみようと思う。
子どもの心をさめさせない温かいカップになりたいと思う。


私はよく本人に(大人ですが)
「〜な人だね」「こういう感じだよね」と
分析したようなことを言います。
今日の講座ですごく反省しました。
講座を受けるたびに、自分が普通にしていることが
他人を傷つけている場合があり、
反省と同時にとても勉強になります。ありがとうございます。


子育て、先生とたくさんの子どもと接した経験からの話でしたので
分かりやすく、納得させられることが多かったです。
その子どもに合った、その子を見る親の力が大切だと思いました。
特に幼児期はそこだけでなく、全身を動かすことが大事、
長い目で見てあげること、印象に残りました。



「チャイルドセラピー心理学」は
「チャイルドセラピーアドバイザー資格」の
必須講座です。

必須講座は、「チャイルドセラピー概論」
「チャイルドセラピー心理学」
「特別支援教育とチャイルドセラピー」
「チャイルドセラピーコンサルテーション」
の四講座です。

資格認定には、選択講座の受講と論文提出が必要です。
詳しくは、ブログ内の要項をごらんいただき、
メールでお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

できるだけお電話でなく、
メールでお問い合わせください。

info@★childtherapy.jp
(★を除いてメールしてください。)

posted by チャイルドセラピー at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110822817

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。