2009年01月07日

協会からのお知らせ(2009.1.7)

2009年の協会勉強会は、
バッチフラワーレメディをテーマに行います。
毎月、トリートメントボトルを作る時間も設定します。

1年間ですべてのレメディについて学ぶことができ、
自分や家族にぴったりのレメディを選ぶことができます。
一回ごとの参加ももちろん可能です。

また、会員の近況報告、子育ての情報交換、質問コーナーなど、
交流も兼ねたフリートークの時間も設定したいと思います。

2009年1月19日(月)10時〜12時
受講料 2000円(会員) 2500円(一般)
※ボトル代は別途500円必要です。(希望者のみ)
締切…13日(火)までにメールにてお申込み下さい。

○年末に会報3号(冬号)を発送いたしました。
会員様の中で、まだ届いていない方は、お知らせください。

【お問い合わせ・お申し込み先】 info★childtherapy.jp
(★を@に変えてお送りください。)
posted by チャイルドセラピー at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャイルドセラピーアドバイザー養成講座のお知らせ(2009.1.7)

「チャイルドセラピーアドバイザー養成講座」のお知らせです。

【基礎講座】(4講座)

 ★第一講座『チャイルドセラピー概論』
 ★第二講座『チャイルドセラピー心理学』 
 ★第三講座『特別支援教育とチャイルドセラピー』
 以上、三講座は、日時のリクエストにより開講します。

 ★第四講座『チャイルドセラピーコンサルテーション』
 チャイルドセラピーコンサルテーションの理念と実践例、
 カウンセリングスキルについて学びます。
 【日時】 2009年1月17日(土) 14:00〜17:00
       2009年1月29日(木) 10:00〜13:00
 
 ★2日間集中講座(第一講座〜第四講座)
 ※一講座ごとの参加も可能です。
 
1月20日(火)10:00〜13:00「チャイルドセラピー概論」
1月20日(火)14:00〜17:00「チャイルドセラピー心理学」
1月21日(水)10:00〜13:00「特別支援教育とチャイルドセラピー」
1月21日(水)14:00〜17:00「チャイルドセラピーコンサルテーション」

 【選択講座】(毎月順次開講していきます。)
★『フラワーレメディとチャイルドセラピー』
2月14日(土)10:00〜17:00
「フラワーレメディとチャイルドセラピー(1)」(2単位6時間)
バッチフラワーの基本的な理解(レメディの説明と使い方)
2月28日(土)10:00〜17:00
「フラワーレメディとチャイルドセラピー(2)」(2単位6時間)
バッチフラワーレメディの子育てへの活用法
※(1)だけの参加は可能ですが、
(2)は(1)を受講していることが条件となります。
  基礎講座を受講されていない方も、
  選択講座のみ受けることができます。

 以下は、全講座に共通しています。
 
 【受講料】 1単位3時間当たり5,000円
(1単位の講座を4つ受講の場合は20,000円、
 2単位の講座は10,000円となります。)

※お申し込み後、受講料の振込先をお知らせします。
入金確認をもちまして、正式なお申し込みとさせていただきます。

 【場所】 サロンROSEMARY
      (広島市南区出汐)

 【持参物】 筆記用具、色鉛筆

 
お申込みは、メールにてお願いいたします。

info★childtherapy.jp
(★を@に変えてお送りください。)



2009年01月01日

会報3号送付のお知らせ(2009年冬号)

あけましておめでとうございます。

2008年はご協力、応援をいただきまして、
本当にありがとうございました。

2009年は、「チャイルドセラピー」について
さらにたくさんの方に知っていただくことを目指して
活動していきたいと思っております。

昨日、「日本チャイルドセラピー協会」の会報を
会員の皆様に送付いたしました。

入会していただいているのにも関わらず、
本日より10日以内にお手元に届かない場合には、
お手数をおかけいたしますが、ご連絡をいただければと思います。

今号では、
★講座のご紹介や感想
★「チャイルドセラピーアドバイザー養成講座」
通信講座についてのQ&A
★「アートセラピー」について
★「チャイルドセラピー」について
などの記事を掲載しております。

ご感想・ご意見がありましたら、
メールにてお知らせください。

info★childtherapy.jp
(★を@に変更の上、
メールしていただきますようお願いいたします。)


それでは、本年もどうぞよろしくお願いいたします。





posted by チャイルドセラピー at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 会報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

特別支援教育とチャイルドセラピー講座のご感想

2008年12月20日(土)
「特別支援教育とチャイルドセラピー講座」
を開講いたしました。

○発達障害について
○難病の子どもたちの教育について
○不登校について

という三つのテーマに基づいてお話ししました。

参加してくださった方のご感想をご紹介します。

どの講座も内容が深く、もっと話を聞きたいことばかりでした。
不登校についても、、時間が足りなくなるくらいだったので、
またもっとお話を聞けたらと思います。


2歳年下の弟が障害者です。
今日の講座はどうしても受講したい講座でした。
とても内容の濃いものだったと思います。
家族、きょうだいへのケアもとても必要だと思います。
(私自身もそうだったので…)
ありがとうございました。


発達障害の子どもと短大の頃に触れ合い
(支援キャンプという形)
少し勉強したのですが、まだまだ勉強不足なところがあって
保護者の方への支援として、私自身は不十分だったなぁと
思い出しながら聞きました。

小児病棟の様子は、子どもの様子も浮かび、
その空間に子どもが居るだけで笑顔になったり、
温かくなったり、パワーがあふれるのだなと感じました。

3つの話すべて自らの経験を思い出しながら
聞かせていただきました。


今日の内容は、とても自信の興味深いところでもあり、
これからかかわっていくであろうとする方々のお話でしたので、
有意義な時間でした。
ありがとうございました。



この講座は、日本チャイルドセラピー協会認定
「チャイルドセラピーアドバイザー資格講座」
の一環として開講しております。

資格を必要としておられない方も
一講座のみのご受講が可能です。

子どもとかかわるセラピストさん、
学校や保育園、幼稚園など子どもの教育や福祉に関わる皆様、
そして、子育て中の皆様にぜひ聞いていただきたい内容です。

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。
(お問い合わせはメールでお願いしております。)

info@★childtherapy.jp
(★をのぞいてメールをしてください。
迷惑メール対策です。)




posted by チャイルドセラピー at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

チャイルドセラピーアドバイザー養成講座の予定(12月7日現在)

「チャイルドセラピーアドバイザー養成講座」
の今後の予定についてお知らせいたします。

 ★第一講座『チャイルドセラピー概論』
 「チャイルドセラピー」の基礎理念に関わるお話です。
 子育てにとって大切なことは?親の役目とは?etc.
 【日時】 2008年12月13日(土) 14:00〜17:00
 
 ★第三講座『特別支援教育とチャイルドセラピー』
 発達障害、難病、不登校などに関する基本的な知識と
 保護者と子ども達へのケアについて考えます。
 【日時】 2008年12月20日(土) 14:00〜17:00

 ★第四講座『チャイルドセラピーコンサルテーション』
 チャイルドセラピーコンサルテーションの理念と実践例、
 カウンセリングスキルについて学びます。
 【日時】 2009年1月17日(土) 14:00〜17:00

 ★二日間集中!平日コース
 2009年1月20日(火)10:00〜13:00 「チャイルドセラピー概論」
2009年1月20日(火)14:00〜17:00 「チャイルドセラピー心理学」
 2009年1月21日(水)10:00〜13:00 「特別支援教育とチャイルドセラピー」
 2009年1月21日(水)14:00〜17:00 「チャイルドセラピーコンサルテーション」
 
 部分参加もOKです。希望の日時と講座名をお知らせください。
 午前、午後と続けて参加して下さる方は、近隣のレストランなどで
 昼食をお取りください。
 
以下は、全講座に共通しています。
 
 【受講料】 1回分 5,000円(1単位3時間当たりの料金です)

 【場所】 サロンROSEMARY
      (広島市南区出汐)

 【持参物】 筆記用具、色鉛筆

ご都合が悪い方はご希望の日時をお知らせください。

お一人の希望があれば、開講しておりますので、
お気軽におっしゃっていただければと思います。

【お問い合わせ】

できるだけお電話でなく、メールでお問い合わせください。

info@★childtherapy.jp
(★を除いてメールしてください。)

チャイルドセラピー心理学講座のご感想(2)

先日、行われました「チャイルドセラピー心理学」
講座でいただいたご感想です。

「しつけ」の問題について、改めて考えさせられました。
自分が母親になったときに必ず悩む問題だと思いますので…。
また、ほめることの重要性と難しさについても印象に残りました。
オーラソーマのコンサルテーション(リーディング)で
「いかに相手(クライアント)のポジティブな面を
認めてもらうか?」ということを考えさせられたので…。
なお、余談ですが、個人的に早期教育の話も興味深くうかがえました。


「親」として上から目線で子どもに接していることが多かった。
自分もかつては同じ子どもだったんだということを思い出して
一緒に成長している発展途上の人間として、子どもに寄り添いたい。


ラベルについて
ついつい忙しく子どもに「いつも用意が遅い!」
「○○は○○じゃね。」と言ってしまいました。
今日から少しずつ温か〜いお湯(心)をかけて
はがしていきたいです。


ほめられた経験のない人がこどもをほめることは難しい、ということ。
自分を好きになることの大切さをますます実感しました。
恩送り、「ペイフォワード」という映画を見てみようと思う。
子どもの心をさめさせない温かいカップになりたいと思う。


私はよく本人に(大人ですが)
「〜な人だね」「こういう感じだよね」と
分析したようなことを言います。
今日の講座ですごく反省しました。
講座を受けるたびに、自分が普通にしていることが
他人を傷つけている場合があり、
反省と同時にとても勉強になります。ありがとうございます。


子育て、先生とたくさんの子どもと接した経験からの話でしたので
分かりやすく、納得させられることが多かったです。
その子どもに合った、その子を見る親の力が大切だと思いました。
特に幼児期はそこだけでなく、全身を動かすことが大事、
長い目で見てあげること、印象に残りました。



「チャイルドセラピー心理学」は
「チャイルドセラピーアドバイザー資格」の
必須講座です。

必須講座は、「チャイルドセラピー概論」
「チャイルドセラピー心理学」
「特別支援教育とチャイルドセラピー」
「チャイルドセラピーコンサルテーション」
の四講座です。

資格認定には、選択講座の受講と論文提出が必要です。
詳しくは、ブログ内の要項をごらんいただき、
メールでお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

できるだけお電話でなく、
メールでお問い合わせください。

info@★childtherapy.jp
(★を除いてメールしてください。)

posted by チャイルドセラピー at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

チャイルドセラピーアドバイザー養成講座要項(2008年12月版)

「チャイルドセラピーアドバイザー資格養成講座」について
お問い合わせをいただくことが増えてまいりましたので、
月に一度の割合で募集要項を掲載させていただきます。


『チャイルドセラピーアドバイザー養成講座募集要項』
(日本チャイルドセラピー協会認定資格講座)

「セラピーを活用した子育て支援」を目指す方のための講座です。
子どもの成長と保護者の心身のケアに必要な知識と技能を学びます。
保育・教育・福祉などで子どもと直接関わっている方、
子育て支援に関心のあるセラピストの方、
子育てをより深いものにしたい保護者の方に特におススメしますが、
子育てやセラピーに興味のある方なら、どなたでも受講可能です。

学習を修了された方は、
「日本チャイルドセラピー協会」認定の
「チャイルドセラピーアドバイザー資格」が取得できます。

「チャイルドセラピーアドバイザー」
(チャイルドセラピー講座レベル1)を修了された方は、
上位資格として「チャイルドセラピーコンサルタント」(レベル2)
「チャイルドセラピーインストラクター」(レベル3)
を取得する資格を得られます。

資格取得を目的とされない方も、
興味のある講座のみの参加が可能です。
(※インストラクター特別講座は、
  その他の講座をすべて終了してからの受講となります。)

【基礎講座】(4単位)  ※1単位は3時間とします。
○「チャイルドセラピー概論」
(チャイルドセラピーの意義と役割、子育て観の確立)
○「チャイルドセラピー心理学」
(発達心理学、子どもの心、親の心へのアプローチ)
○「特別支援教育とチャイルドセラピー」
(ハンディを持つ子どもと保護者への支援について
発達障害や難病の子どもたちへのケア、不登校を中心に)
○「コンサルテーション論」
(チャイルドセラピーコンサルテーションの理論と実際、
カウンセリングスキル等)

【選択講座】
セラピーの基礎や子育て支援への活用という視点から学びます。
○ アロマテラピー(2単位 計6時間) 
○ タッチセラピー(2単位 計6時間)
○ カラーセラピー(2単位 計6時間) 
○ アートセラピー(2単位 計6時間)
○ フラワーレメディT(2単位 6時間)
○ フラワーレメディU(2単位 6時間)

※ アドバイザー資格希望の方は、
  この中から2単位を選択してください。
  フラワーレメディについては、
  Uの前に必ずTを受講してください。
※ 選択講座は、基礎講座に続いて順次開講予定です。

【資格認定について】
「チャイルドセラピーアドバイザー資格」を取得するに当たっては、
基礎講座4単位、選択講座2単位の取得が必要です。

「チャイルドセラピー」をテーマとした論文審査があります。
(原稿用紙10枚以上)
※パソコンのある方は、Eメールに添付して送ってください。

【受講料について】 
※試行期間につきモニター価格となっております。
1単位(3時間)ごとに5,000円となります。
(資格を目指す方も、目指さない方も同じ)

テキスト代、材料費を含んでいますが、講座によっては、
別途教材費を必要とする場合もあります。
(例:精油、赤ちゃん人形など)詳細は改めてお知らせします。

論文審査料、資格認定料(修了書代等)として、
別途5,000円いただきますが、
資格取得を目指されない方は、必要ありません。

チャイルドセラピーアドバイザー資格取得に必要な金額は、
計35,000円となります。


【チャイルドセラピーコンサルタント資格について】
「チャイルドセラピーアドバイザー」の上位資格です。
「チャイルドセラピーコンサルタント」は、
クライアント一人ひとりに応じて、
子育て支援に必要なセラピーを選択し、提案する資格です。
資格取得のための必要事項は、次のとおりです。

○「チャイルドセラピーアドバイザー資格」を取得していること
○選択講座から新たに6単位を取得すること
(※アドバイザー資格で取得した以外の講座から選んでください。)
○資格認定試験で80%以上の得点を得ること。(在宅試験)
(※問題はEメールに添付させていただきます。
 パソコンをお持ちでない方は、郵送となります。)
○「チャイルドセラピー」に関する論文を提出すること。
(原稿用紙20枚以上)
※できるだけ、Eメールに添付してお送りください。

受験料 5,000円 論文審査料・資格認定料 5,000円
となりますので、計 40,000円となります。

【チャイルドセラピーインストラクター資格について】
「チャイルドセラピーアドバイザー」と
「チャイルドセラピーコンサルタント」の上位資格です。

「チャイルドセラピーインストラクター」は、
「日本チャイルドセラピー協会」認定講師として、
協会発行のテキストを使用し、講座を開くことができます。
資格取得のための必要事項は、次のとおりです。

○「チャイルドセラピーアドバイザー資格」
「チャイルドセラピーコンサルタント資格」を取得していること
○選択講座から新たに4単位を取得すること
(※以上で選択講座のすべてを学んだことになります。)
○「チャイルドセラピーインストラクター特別講座」(2単位)
 を受講すること。

「インストラクター特別講座」では、
講師として講座を開くための心得について学びます。
また、「アロマテラピー心理学」などの手法について知り、
自分なりの「チャイルドセラピー」について認識を深めていきます。

○資格認定試験で80%以上の得点を得ること。(在宅試験)
○「チャイルドセラピー」に関する論文を提出すること。
(原稿用紙30枚以上)

※試験及び論文提出は、できるだけEメール添付でお願いします。
パソコンをお持ちでない方は、郵送となります。

受講料は1単位当たり5,000円ですが、
「特別講座」のみ2単位で15,000円となります。

受験料 5,000円 論文審査料 5,000円となりますので、
計 45,000円となります。

【今後の予定】
2010年以降、受講料やカリキュラム内容、資格認定の条件など
変更になる場合もあります。
2009年以内に取得された資格については、
内容が変わったとしても、存続されますのでご安心下さい。

遠方の方や講座参加が難しい方のために
「通信講座」の開講も検討しています。
(開講は早くても、2009年2月以降となります。)

「通学講座」と同じテキストで学びますが、
「通学講座」では、講師と生徒同士で
様々なシェアリングを行います。

文章では表せない内容をお伝えすることもあり、
テキストでは得られない学びが数多くありますので、
できるだけ通学講座をおススメいたします。

お申し込みやご質問のある方は、以下のメールで受け付けております。
(電話でのお問い合わせはできるだけご遠慮ください。)

info@★childtherapy.jp
(★を除いてメールをお願いします。)

お申し込みには、お名前、ご住所、連絡の取りやすいお電話番号、
また、差し支えなければ、受講の動機についてお知らせ下さい。

posted by チャイルドセラピー at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | チャイルドセラピースペシャリスト養成講座要項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

説明会について

「チャイルドセラピーアドバイザー養成講座について
 説明会はないのですか?」
というお問い合わせがありましたので、
お答えいたします。

大変、申し訳ないのですが、
説明会は、現在開催しておりません。

協会について、講座についての情報は
こちらのブログ内に掲載することで
対応させていただいておりますので、
ご了解ください。

なお、説明会の実施、
パンフレットや小冊子の作成については
今後の課題として考えていきますので、
もうしばらくお待ちください。

現段階では、ブログをお読みいただきまして、
不明な点を明らかにしていただいた上で
お問い合わせいただければと思います。

【お問い合わせ先】

info@★childtherapy.jp
(★を除いてからメールしてください。)


posted by チャイルドセラピー at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A(よくある質問) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

「チャイルドセラピー心理学」の感想

2008年11月15日(土)
「チャイルドセラピー心理学」を開講しました。

「チャイルドセラピー心理学」は
「チャイルドセラピーアドバイザー資格」
の必須講座であり、発達心理学や
子どもの心、親の心にアプローチする講座です。

以下、受講してくださった方の感想をご紹介します。

○子どもが生き生きと成長するために
母親がまず笑顔でいられることが大切ということに
とても共感しました。
今は情勢の生き方に選択肢が多すぎて
かえって選べなかったり、
選んだ方向に自信が持てない人が
多いような気がします。
お母さんが笑顔で自信をもって
子どもに接することができるといいなと思いました。


○本日のセミナーを受けながら
いろいろ昔のこと、子どもの時のことを
一生懸命思い出しつつ、自分と親、自分と子どものことを
いろいろ思いました。
今の時代、育児や子育て、とても難しいと思います。
その中で、子どもや親をセラピーするというのは
とても必要になってきていると実感しています。


○(今日の講座で印象に残っていること)
自分の良いところを探すこと
そして、わが子をみつめてやること。
良いところを探してみます。
本日も自身を見つめることができたような気がします。
ありがとうございました。


○(今日の講座で印象に残っていること)
全部ではありますが、やはり最後のお母さんの表情で
子どもは変わるというところ、
先生の院内学級時代の体験談などは
とても実感できました。
「ほめる子育て」などもとても心に残りました。
「恩送り」は是非実践したいですね!!


○(今日の講座で印象に残っていること)
自分自身では意識していなかったり、
昔のこととして乗り越えていると思っていても、
ふとした瞬間に思い出されたり
心の傷として残っていたり
泣きたいときに我慢をせず
心を放出することも大事だということ。
温かいカップの中に温かい飲み物を注ぐと
冷めるのもゆっくりだということから
子どもを受け入れる大人の心も温かいと
子どもの心もホクホクとあったまるということ。


○母親は子どもにとって鏡だということ、
母親が笑顔であれば、子どもも不安を持たず
笑顔になれる。
わが子と日々接しながら、反省させられることもありました。
子どもと共感し、一緒に喜び、一緒に悩み、一緒に悲しみ…
常に心がけてきたつもりですが
再確認できたように思います。
posted by チャイルドセラピー at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会報発送のお知らせ(2008年11月号)

本日、会員様に協会の会報を郵送しました。
数日中にはお手元に届くかと思いますが、
会員にも関わらず、届かないという方が
もしいらっしゃいましたら、ご連絡ください。

今週中にROSEMARYサロンに来られる予定の方には
手渡しとなります。

おかげさまで4月の最初は数名の会員でスタートした協会も
今月に入りまして、会員数が80名を超えました。
ご入会いただきまして、本当にありがとうございます。

ご希望の方に会報の見本誌をお送りしていましたが、
会員様の増加に伴って、
会報の余分が残りわずかとなりましたので、
非会員の方への協会見本誌の送付は
2008年12月31日付のご希望をもちまして
終了とさせていただきます。

2009年1月より、会報をお届けするのは
会員のみとなりますので、ご了解ください。

なお、お友達やお知り合いに対して
協会を紹介してくださる場合には、
会報をコピーしてくださることは差し支えありません。
(コピーしやすいように、会報は白黒にしてあります。)

以上、会報についてわかりにくい点がありましたら
ご連絡ください。

info@★childtherapy.jp
(★を除いてメールしてください。)
posted by チャイルドセラピー at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 会報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。